こんにちは!ひめマリアの松村です。

 

今日も、2月19日に行いました、姫路獨協大学看護学部の卒業前シミュレーションの様子をお伝えします。

 

今回のブースのテーマは、「患者さんの状態が変化した時に重症度をどのように判断するか?」です。

トレーナーは、小児科病棟の看護師が担当しました。

 

まずは、オリエンテーションでブースでの達成目標と、スケジュールを確認します。

 

患者さんの状況は、ビデオで説明します。

急性心不全で入院した患者さんですが、徐々に回復してきているようです(もちろん、架空の方です)

 

この後、学生さんは看護師となって、ナースコールのあった患者さんのもとに向かいます。

行ってみると、患者さんが苦しそうです。かゆみがあると言ってます。どうしよう?

 

ヒューヒューいってるし、呼吸も早い。大丈夫かな?

意識はあるみたい。

皮膚に発赤があります。アレルギー反応かもしれません。

患者さんに声をかけながら、全身の状態を確認します。

 

このように、患者さんの全身の状態を即座に判断する迅速評価では、A(気道)、B(呼吸)、C(循環)、D(中枢神経障害)を瞬時に判断し、患者さんの重症度を判別します。

状態変化の多い入院中の患者さんには、看護師の必須の観察技術です。

 

観察が終わった後に、患者さんの状況を改めて確認します。

 

看護師サイドの判断(アセスメント)について、振り返りながら丁寧に掘り下げています。

時間があれば、振り返りでの反省を生かして、もう一度シミュレーションを実施します。

 

明日も、卒業前シミュレーションの様子をお伝えします。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

姫路メディカルシミュレーションセンター

姫路市北部にある姫路メディカルシミュレーションセンター「HIMEmaria®」です。 医療・介護・看取りのシミュレーション研修を行っています。興味のある方は是非1度見学に来てみませんか。

ただ今の時刻

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM