こんにちは!ひめマリアの松村です。

 

今日で最終回になりますが、2月19日(水)に実施した、姫路獨協大学看護学部の卒業前シミュレーションの様子をお伝えします。

今回のブースは、「患者状態変化時のコミュニケーション」がテーマです。

トレーナーは、ICU経験のある重度心身障碍者病棟の看護師です。

 

このブースは、シミュレーションルームでの時間が長く、シミュレーションと振り返りをどんどん繰り返していく方法をとっています。

 

まずは、オリエンテーションです。ひめマリアのスタッフにより、マネキン(シミュレータ)の説明があります。

 

早速、シミュレーション開始です。

ナースコールがあったので、看護師が部屋にうかがうと、患者さんは動悸がしてしんどそうです。

 

「胸がどきどきする…」「しんどい…」

看護師役の学生は、聴診をするなどの観察をして、その後どうするかを判断します。

 

トレーナーと一緒に振り返りながら、その後どうすべきだったかをまとめます。

「先輩看護師を呼ぶ」という意見に、「では、どのように呼べば状況がスムーズに伝わりますか?」

一緒に、緊急性が伝わりやすい伝達方法とはどんなものかを考えていきます。

 

看護師は、チームで仕事をしています。看護師間でも、多職種とでも、少ない言葉で的確に患者さんの状態を伝えることも大切な技術です。

 

このブースでは、トレーナーさんを中心にしっかりと意見がまとまったようです。

今回の経験が、就職した後の臨床でも活かすことができるよう、お祈りしています。

 

おまけ

カメラマンは大学の先生です。かっこいい!


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

姫路メディカルシミュレーションセンター

姫路市北部にある姫路メディカルシミュレーションセンター「HIMEmaria®」です。 医療・介護・看取りのシミュレーション研修を行っています。興味のある方は是非1度見学に来てみませんか。

ただ今の時刻

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM